引越し

引越し準備って何が必要?引越し前、引越し後にやることリストをチャチャット解説!

引越しを経験された方はご存知かもしれませんが、引越しとは非常に面倒なものです。

引越し作業も面倒ではありますが、それ以上に

  • 引越し前
  • 引越し後

にやることがとても多く、それを全て行うとなると時間と手間がかかるものです。

あまりの多さに抜けが出てしまうことなんかもしばしば……。

そこで今回は引越しを行う人にとって参考になるよう

  • 引越し前にやること5選
  • 引越し後にやること3選

をチャチャットまとめてみました!

短いですが大切なことが詰まった記事になっていますので、是非参考にしてみてください!

引越し前にやること5選

①引越し見積りを依頼し、業者・引越し日を確定する

まずは何よりも業者と引越し日を確定させるところから始めましょう。

以下でご紹介しているやることリストは、

  • 業者を決定し
  • 引越し日程が確定

してから行う内容となっております。

「新居に引っ越す日が決まらないうちに、今住んでいる家を解約してしまった!」

なんて事になったらホームレスまっしぐらです。絶対にやってはなりません。

まずは引越し見積りサービスを使い、業者を比較検討して選ぶところから始めましょう。

チャチャット引越しでお見積り!

 

②旧家を退去するための手続きをする

引越し日が決まったら、まず最初に現在の家のを退去するための手続きを行いましょう。

契約内容にもよりますが、退去の1~2ヶ月前までに退去申請をしなければならない場合が多いようです。

万が一申告が遅くなると、旧居が引越し日までに解約できず、

「新居と旧居の代金を両方支払わなければならない」

という二重払いの状況が発生することがございます。

せっかく引っ越し代金を抑える工夫をしたというのに、家賃代で相殺されては本末転倒です。

退去の手続きは早め早めに行っておきましょう。

③荷造りを開始する

お次は荷造りを開始しましょう。

その際に気をつけるべき点3つを書いてみたので、参考にしてみてください。

計画的な荷造りをしましょう

皆様ご想像通りのダンボールにものを詰めて行く作業になりますが、こちらも退去同様、計画的に行うことを意識しましょう。

家の中に眠っている荷物というのは案外多いものです。

前日になってから本格的に準備を始めるとその多さに圧倒されることになりかねません。

ちょっと急ぎ過ぎかな?ぐらいの気持ちでダンボールに荷物を詰め込んでいきましょう。

ダンボールは引越し業者が持ってきてくれるか確認しましょう

案外盲点ではありますが、

  • ダンボールを調達するのは誰か

を確認しておきましょう。

ダンボールは引越し業者が持ってきてくれることもあれば、自分で調達しなければならないなんてこともございます。

前日になってダンボールを用意しておらず、ホームセンターも空いていないからダンボールが手に入らない!なんてことにならないよう注意が必要です。

粗大ゴミの処分は計画的に!

粗大ゴミの処分の仕方はご存知でしょうか?

基本的には

  • 住んでいる市区町村に電話をして回収日時を決定
  • コンビニ等で購入できる処分用のチケットを粗大ごみに貼り付け
  • 市区町村が指定した回収場所に粗大ゴミを設置。回収を待つ

という流れになります。

すぐに回収してくれる訳ではないですし、お金もかかってしまいます。

メルカリなどのフリマアプリの活用などで極力お金をかけずにゴミを処分するのも非常におすすめです。

詳しくはこちらの記事も参照ください。

(引っ越し代金やすくする記事)

④電気・ガス・インターネットなどの解約・契約手続きを開始する

電気・ガス・水道・インターネット等の解約・契約手続きを行いましょう。

引越し前にきちんと手続きをしないと、家についてからガスが使えず、お風呂に入れない!なんてことが起こってしまいます。

この手続は引越し後ではなく、引越し前に行う手続きですので、忘れず行いましょう。

そのなかでもインターネットの引越しは非常に時間がかかります。

工事が必要なので、手続きをしてから開通まで一ヶ月以上かかることもございます。

引越し手続き全般に言えることですが、時間に余裕をもって手続きするのがおすすめです。

チャチャットではライフラインのご相談も承っております。

お気軽にご相談ください。

チャチャットでライフラインのご相談!

⑤お役所に行き、転出届を貰う(郵送可)

「転出届」の画像検索結果https://xn--28jh9aw2lsbz725dpxxd.biz/howto/tenshutsu.php

お引越しの際には

  • 市区町村に出ていくことを届け出し
  • 転出届を貰い
  • 転出届を引越し先の市区町村に提出する

という作業が必要になります。

転出届けは郵送でも貰うことができるので、引越し後でも取得可能ですが、引越し後はバタバタしますので早めにお手続きしておきましょう。

引越し後にやること3選

①ご近所への挨拶

まずはご挨拶。

最近はご挨拶を行わない人も増えている、なんて話がありますが、円滑なご近所付き合いを行うなら挨拶をしておいて損はありません。

何かお土産を持参してご挨拶をすることをおすすめします。

②転入手続きを行う

先程転出前にすることで「転出届け」についてお話しましたが、

転出届けはこの転入手続き(=住民票の書換)において必要になります。

転入手続きが完了しないと免許証の住所の変更等が行えませんので、転入手続きは引越したらすぐに行うようにしましょう。

ちなみにですが、引越しをしてから2週間以上転入手続きをしない場合、罰金が課されることもございます。

新しく移り住む町の手続きを確認し、遅れること無く転入手続きを行いましょう。

③各種住所変更手続き

一番大変でとても大切ですが、一番漏れがちなのがこの住所変更手続きです。

運転免許証やマイナンバーカード、ほかにも銀行口座などの住所変更など、手続きを行う箇所は大量にあります。

漏れてしまうと、大切な書類が届かずに大変なことになる可能性だってあります。

なのでまずは郵便局に行って、引越し先の住所に郵便を転送してもらうようにしましょう。

それを行っておけば、もし万が一住所変更の手続きを忘れていても家に郵便物は届きます。

ただ、一番は全て漏れなく住所変更の手続きを行うことです。

住所変更が必要で大切なリストをチャチャッと下にまとめてみました。参考に手続きをしてみてください。

  • 運転免許証
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 住民基本台帳カード
  • 銀行口座
  • クレジットカード
  • 携帯電話
  • 印鑑登録
  • Amazon、楽天等の通販サービス

まとめ

引越しというものは非常に時間がかかるものです。

引越し作業にも時間がかかりますが、それ以上に

  • 引越し前
  • 引越し後

にやるべきことが大量にあり、本当に手間と時間がかかります。

あまりに膨大すぎるのでこの記事では網羅しきれていませんが、重要な要素は詰め込みました。

非常に参考になる情報ですので、参考にしていただいて、引越しを効率よく進めましょう!

チャチャットでは気軽にコンシェルジュが引越しのご相談を承っております。

お困りのことがございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。

チャチャット引越しでお見積り!